老子超訳(第七十九章)

スクリーンショット_2015_06_06_0_44

たとえ深い怨みを和解させても、必ずなんらかの怨みが残る。
それをどうして善いことをしていると言えるのか。
こういうことで、聖人は借用証書を持っているところで、人に返済を求めない。

「徳」のある人は、借用証書を持っている人のように落ち着いてる。
「徳」のない人は、税を取り立てる人のようにせっかちである。

天の道(自然の道)はえこひいきはしないが、つねに善人の味方になる。

 

原文

和大怨,必有餘怨,安可以為善。是以聖人執左契,而不責於人。有德司契,無德司徹。天道無親,常與善人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*