信心銘(七)

スクリーンショット_2015_07_01_14_43

本来の一体性の中に溶け入り、すべてに問題がなく、すべての存在があるがままであるなら、観念として意識される現実や原理というものなどない。
そのような観念がなければ、心そのものも生じない。
意識される現実がなければ意識する心はなくなり、意識する心がなくなれば現実もなくなる。
現実というのは心に捉えられることで現実であり、心というのも現実を捉えることで心として存在できる。
心とか現実とか両方を知ろうとするなら、それらはもともとは本来の一体性であり、ありのままなのであり、空なのである。

 

解説

自分の体験、思い、感情を注意深く観察するとき、それらはすべて自分で作り上げてきたと気づきます。心が動くと現実と呼ばれるものが創造される、意味づけをするとある現実が切り取られ浮かび上がってくる、意味づけが固定化されると感情と呼ばれるものにまでなってくる、そういったことを知るようになります。
外に現れる現実と中に現れる心は本来は一体であり、一体性であるものが体験というものを引き起こす方法であると気づくのです。
自分で体験を引き起こしているのを知ると、体験が意識的になり、自分が現実を体験しているのではなく、自分は現実と一体である体験そのものであると気づくのです。

 

原文

無咎無法 不生不心 能隨境滅 境逐能沉
境由能境 能由境能 欲知兩段 元是一空

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*