信心銘(十四)

スクリーンショット_2015_07_12_21_43

動とか止とかの二つの極が成り立たないのだから、どうして一などというものがあるだろうか。
極めて極め尽くせば、規則とか原則とかいうものはない。
比較のない平等の中に心を一致させるなら、何かをしようという動きがなくなり全てが静かになる。
疑いが全くなくなると、真の心が本来の一体性の中に調う。

 

解説

対立する二つのものが成り立たないのなら、二を成り立たせている一という観念もないのです。一や一体性という観念でさえ相対性や比較から生まれたものなのです。
一と多がなければ、在るのはただ在ること。そのようにあること。
観念が止むと、自分が何かをしているとか考えているというのが消え去り、あとはただそのように在ることだけが残るのです。

 

原文

兩既不成 一何有爾 究竟窮極 不存軌則
契心平等 所作俱息 狐疑淨盡 正信調直

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*