信心銘(十八・最終回)

スクリーンショット_2015_07_20_23_05

二つでない状態になっていないなら、そこにこだわってはならない。
一つはすべてであり、すべては一つである。
そのようにあるならば、完成していないことは気にしなくてよい。
心の本分を信じることが本来の一体性に在ることであり、本来の一体性に在ることは心そのままを信じることなのである。
これは言葉で表現することはできない。過去や未来や現在ということでもない。

 

解説

本来の一体性の中にないと思っているからといって、ある特定の観念にこだわり続けることはしないことです。それを知らなくてもすべては一体の中にあるのです。
あなたがどう解釈しようと、あなたはいつも一体性のなかに在るのです。
あらゆる観念を造り上げているのは何か。自他という観念を造り上げているのは何か。すべては心が造り上げている、造り上げている状況と作っている心はまったく同じものだと知るのです。
あらゆる空間とあらゆる時間は、すべて心が造り出しているのです。
心というのは、大宇宙であり、生命であり、エネルギーであり、現れるすべてなのです。
あなたが何か意識するとき、それはあなた自身なのです。
あなたはすべてであり、すべてはあなたなのです。

 

原文

若不如是 必不須守 一即一切 一切即一
但能如是 何慮不畢 信心不二 不二信心
言語道斷 非去來今

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*