スッタニパータ 65

65.
味を貪ることなく、選り好みすることなく、他人から養われることなく、戸ごとに食を乞い、家々に心を縛られず、ただ一人で歩むがよい、一角の犀のように。

解説

これが良い、あれが悪い。
これは美味しい、あれはまずい。
これが正しい、あれが間違っている。
自分は価値あるものに関係している、価値あるものを所有している。
このような、良いもの、美味しいもの、正しいもの、価値の良し悪し、それら自分の感覚を気持ちよくしてくれるものを求め依存することは、自我が作り上げた世界観・幻想を守ろうとすることに過ぎません。
世界に自分の意味を押し付けているだけなのです。
それらすべての価値判断は、自分が作り上げている世界がどんなものであるかを宣言しているかに過ぎません。
作り上げられた世界観、作り上げられた自己像が自分なのではありません。
それを作り上げているものこそが真の自分なのです。つくり上げれられた自己像が自分ではなく、作り上げている創造者が、真の自分=宇宙=すべて=存在、なのです。
現れている世界、宇宙、現象、自分、他人、これらすべては作り上げられたものです。そして、それらを作り上げているものこそ、真の自分=心=道なのです。

自分と考えているもの、それは一体誰が作り上げているのか。
それをしっかりと見つめる時、すべてが現れるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください