「ありがとう」と「ごめんなさい」

謝

どんなことでも、結局は日々の習慣が影響します。
最後に問題になるのは、自身に染みついた習慣です。

「今ここ感謝」も、習慣として継続することによって自身に身に付きます。
様々な問題や困難に出会ったときに、それを乗り越えることができ、その問題や困難に対してで感謝にあることができるのです。
今ここ感謝の積み重ねが、あらゆる出来事を感謝の対象にしてくれます。

「謝」という字には「礼を言うこと」と「あやまること」という意味があります。
つまり感謝は、自分が生かされていることに対して「ありがとう」を言うことと、自分がその生を生かしてないときに「ごめんなさい」を言うことなのです。
人間は間違いも犯します。その時には自身の非を認め深く反省し、今後気をつければ良いことです。

「ありがとう」と「ごめんなさい」は最高の言葉ですね。
「ありがとう」と「ごめんなさい」を心から言える人は、それだけでその人生を充実させています。
「ありがとう」と「ごめんなさい」を素直に言える人は本当に幸せな人です。
今ここ感謝は、「ありがとう」と「ごめんなさい」です。

今日も本当にありがとうとうございます。
今日起こったこと全てに感謝します。

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください