老子超訳(第三十五章)

大像

偉大なる像(かたち)、つまり像を超えた像としての『道』をつかんだ人があれば、世界中の人がそこに集まってくる。
集まりながらもお互いを害することなく、平穏で落ちついている。

音楽や美食は、通りすがりの旅人を立ち止まらせる。
しかし、『道』は言葉で表現されたとしても、淡白で味わいがなく、
見ようとしても見えず、聞こうとしても聞こえず、用いようとしても用いることができない。

『道』は在り方そのものであり、形や性質、感覚や思考の枠に収まるものではないのです。
それこそが、私たちを引きつけ生かしている源であり、私たちと一体である存在そのものなのです。
もしすべてが一体であるなら、私たちはどういう在り方をするだろうか、と意識すると、
そのとき私たちは、今ここで、感謝の中にあるでしょう。

 

原文
執大象,天下往。往而不害,安平太。樂與餌,過客止。道之出口,淡乎其無味,視之不足見,聽之不足聞,用之不可既。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*