自分讃歌

earth

あなたはこの世でたった一人だけの存在だ。

自分を誰と比べようとしているのか。他の誰になろうとしているのか。
自分以外のものになる必要などない。
他の人をさげすんだりうらやんだりする必要もない。
いつも唯一の存在だ。

あなたはこの世に生まれてきただけで完全な存在なんだ。
生まれたときに自分と世界を祝福しているんだ。
存在そのもの以外に何も義務などないんだ。
この世で体験する魂であって、同時に、魂という体験を設定したより大きな存在なんだ。

体験する魂自体は生まれもしないし死にもしない。変化するだけだ。

自分というのは、その体や、その考えや、その感情ではなく、魂だと気づく。魂には死はない。
そして、魂は自分が魂という限定されたものではなく、もっと大きな存在だと気づく。大きな存在はあらゆる在り方を経験できる。
再び、大きな存在は、自分自身は限定されたものでなく、すべてだと気づく。
すべてという存在もその限定を解き、無となる。

それが究極の真実だ。真実というものは無に行きつく、それが真実だ。

何も無い。限定がとれた瞬間に、本当の自分、本当の生命が始まる。

自分讃歌。

ああ、そうだったんだ。自分はそういう存在だったんだ。

無から始まり、無はすべてを創造する。

そのすべてが自分なんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.