エネルギーのダンス

エネルギーのダンス

私たちは、現実とか世界というのは、自分が世界を認識していて、世界は自分を取り巻くもの、自分とは別のもの分離したものと感じて、ものごとというのは自分で作り出しているのではなく、自分に降り掛かっているようにも感じます。
究極の現実では自分と自分以外のものは常に一体なのですが、そういう風に感じるのが難しいこともあるでしょう。
分離していると感じているので、人間関係や状況の問題の対処がうまく行かなくなることもあるでしょう。

私が習っている合気道では「自由技」というものがあります。相手にある方法で(突いたり、打ったり、掴んだり)攻撃を仕掛けてもらって、それを自由に捌いていくというものです。この練習をしているとき、うまく捌けるときとそうでないときに何が違うのかを考えてみました。
観察していると、うまく行くときは相手と自分の力が結びついて流れがあるときで、自然に一体感のある動きで捌き、相手も何をされているのか分からなく感じるようです。このときは自分も相手も楽しく笑っているものです。攻撃するほうもされるほうも楽しんでいるのです。
うまく行かないときは自分がこう投げたい、こう技をかけたいなどと考え、結局相手と結びつかず衝突してしまっているときでした。お互いにケガをしてしまうこともあります。こんなときは笑いもありません。顔がこわばり懸命に技をかけようと心も体もガチガチです。

これは普段の私たちの生活でも一緒ではないでしょうか。
自分に起こっていることに抵抗したり、無理に動かそうとしたり、自分でコントロールしようとしたり、状況に不平不満を言ったり、人を変えようとしたりすると、うまく行かないものです。大抵の場合、更なる抵抗や衝突を生み出します。
うまく行っているときは、自分がこうしたいというような考えやコントロールをやめ、人や状況と結びつき一体となって流れているときなのです。そこには結果や目的というものはありません。一体感からくる流れの中で楽しんでいるだけなのです。

ものごとや状況と一体となりましょう。人の心と一体となりましょう。すべてと結びつき一体となって流れましょう。

結びつき一体となるには最初は練習が必要かもしれません。しかし、それは結びつき一体になるという練習ではなく、今まで習慣になっていた自我、流れを邪魔している自我をなくす(従える)練習です。そこから生まれる抵抗やコントロールを手放す練習です。あるいは義務感や責任感、抵抗やコントロールを手放す練習です。
新しいことをするのではなく、ただ一体となり、もともと存在していた流れに戻るだけです。気づきだけです。

気づくとそれは、

エネルギーのダンス。

 

 

*合気道が好きな人は以下の動画を楽しんでください♩ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.