褒めるということを超えて

褒める

しばしば人は褒められます。
誉められたらうれしいでしょう。
その人は自分が誉められているので、自分の誉められたところがすごいと思うでしょう。

けなされることもあります。
けなされたら嫌な気分になるでしょう。
自分の全てが否定されダメだと言われているような気になるでしょう。

だけど、その本当の意味は、自分にあるのではありません。褒めたりけなしたりしている人の内面の現れなのです。

誉めている人が褒められているのです。
ある人についてすごいなと思うこと、誉めるところを見つけられるって言うことは、美しいなと思うその人のこころを生み出しているのです。
その人が美しいのです。

同時に、褒められて嬉しいとき、それは人が自分の内面の美しさを見つけてくれたということです。
うれしいときは、自分の内面も美しいし、その美しさを見つけた人の内面も美しいということなのです。

人を褒めてください。もっともっと褒めてください。
すごいと思ってください。
人の中に美しさを見つけられるようになってください。
その時、あなたの中の美しさを見つけています。

美しさは自分の外に離れてあるのではありません。
あなたの内面から発し、外に映し出すものです。
あなたの外に見るものは、あなたの内面にあるものなのです。
褒めたり褒められたりすることを超えたところにあるのです。

超えたところには、あなたの真の姿があります。

全ての人の真の姿があります。

「在る」という完全性があります。

微笑みがあります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください