あなた自身を表現しよう

いろは

日本人の考え方で特徴的なものがあります。
「自分の行動や考え方が人にどう思われるか」ということを気にしているということです。

自分たちの行動や考えが人に害を与えないようにとか迷惑にならないようにとかを気にすることが、いわば日本人の美徳と考えられてきたことです。
それが行き過ぎて全ての人のどう思われるかを気にしている人が多いようです。

自分が好きなことを表現するときにさえ、それが人にどう思われるかを気にしてしまいます。
表現したくても、今よりもっとすごいことをしないと認めてもらうことができないんじゃないかと不安になります。

しかし、そんなことはないのです。この世の中で一番必要なことは、あなたが生き生きと自分のことを表現することなのです。

 

好きなことはどんどん表現しよう。

 

あなたと同様に、多くの人が不安なのです。自分を表現していいのか不安なのです。
あなたが正直な自分を表現することで、ある人がそれを見て自分でも表現してよいんだという気持ちを取り戻すかも知れません。
それによって生き方を変えるかも知れません。
これまで、あなたと同様に、自分を表現したらどんな風に思われるかを心配していた人に、「ああ、この人がこんな風に自分を出しているなら私も自分を正直に出そう!」と決心させるかも知れません。
「ああ、こんな自分でも思いっきり生きていいんだ、思いっきり表現していいんだ、自分のありのままでいいんだ!」と勇気づけるでしょう。

あなたの表現が、言葉、詩、物語、音楽、楽器、絵画、整理整頓、ブログ、運動、ダンス、落語、演技、武道、ハイキング、書道、旅行、笑わせること、癒すこと、その他どんなことでも良いのです。
好きなことなら何でも良いのです。
表現することなら何でも良いのです。

それを見ている人は勇気を持って変わる人もいるでしょう。傍観する人もいるでしょう。批判する人もいるでしょう。
勇気を持って変わる人たちを見たら良しと思うでしょう。
傍観する人は、何かを感じています。気にしないで表現し続けましょう。
批判する人は、自分たちが変わることを怖がっているだけです。自分を信じていないだけです。あなたの表現がいずれその人たちに勇気を与えるでしょう。
ですから、あなたは表現することを続けてください。

あなたが自分を表現することは、世界にとって一番いいことなのです。
かならず、すべての存在が自分自身を表現していいんだ、と感じ始めることでしょう。

あなたが自身を生き生きと表現することが、他のすべて存在が「自分は自分を表現していいんだ、ありのままの自分でいいんだ!」という気づきを与えるのです。

あなた自身を表現することは、あなたの魂を輝かせます。

 

世界を輝かす光となるのです。

 

光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください