パソコンもシンプルに

シンプルライフでは、全ての表面にはできるだけ何も置かないのが基本です(机やテーブルの上、タンスの上、床の上、調理台の上、など)。これはパソコンのデスクトップ画面でも同じです。

デスクトップ画面とは、パソコンの机の上、作業台のことです。シンプルライフでは、デスクトップ画面も実際の机の上や作業台と同じように扱います。作業中以外はできるだけ何も置きません。

以下は私のパソコンのデスクトップ画面のスナップショットです。

私の場合、画面の下の方にドックがあります(キレイにするためにドックはなるべく見えないよう最小にしてありますが)。

デスクトップ画面には何も置かないのが基本なのにこのドックが置いてあるのは理由があります。去年まではパソコンはWindowsを使っていましたが、今この文章を書いているパソコンMacbook Proは今年使い始めたばかりで、このパソコンの使い勝手やソフト(特に文章作成ソフト)の使い勝手を吟味している途中なのです。その吟味しているソフトがこのドックに入っています。

この文章はScrivenerというソフトで書いています。Ulysses2というソフトと比べていましたが、どうもScrivenerの方が使い勝手が良いようです。見た目はUlysses2の方が“シンプル”で良いです。短い文章やメモなどを取る時は、OMMWRITERWriteRoomなどを試用中です。そのようなソフトのショートカットをドックに入れています。

保存してあるファイルは、部屋の中と同様に、いらないものは全て処分してしまっているので、探すのに苦労しません。またランチャーという便利なソフトがあるので、それを使ってすぐに探し出せます。私はAlfredというランチャーを使っています。一つの窓を開け、そこに呼び出したいファイルや言葉を入れると、パソコン上とネット上の何でも検索して呼び出すことができます。ショートカットアイコンでデスクトップ画面が散らかることもなく、ファインダーをクリックし続けることもなく、ストレスフリーな道具です(シンプリストのソフトについてはいつか書きたいと思います)。

パソコンでも、「ガラクタや不要なものは手放す、捨てる」のが基本です。使っていない不要なファイルは処分しましょう。自分がお気に入りで使うのにワクワクし、大切に思うものを取って置き、使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*