タオル

私がシンプルライフを目指して、モノを最小限にしようとする一方、以前から当たり前のように最小限にしているものがありました。

それは家で使うタオルです。

私が普段使っているタオルは白いフェイスタオル3枚だけです。1枚は風呂用。他の2枚は手や顔を拭くためのもの。

風呂に入る時、体を洗うときも体を拭くときも1枚だけを使います。男性なので髪を拭くのも同じもので済んでしまいます。拭く時には上半身を最初に、最後に足先を拭きます。タオルを使ったら固く絞り風呂場の横のタオル掛けに干しておきます。干しておけば次の日に風呂に入る時には乾いています。ですので、洗濯する必要がありません。

最後に足先を拭いたタオルをそのまま洗わずに使うのは不潔だと思うかもしれません。私も一時はそのように思い、必ずもう一度洗ってから干すようにしていましたが、すぐにそこまで気を使う必要がないことに気がつきました。なぜなら、そのタオルを使っているのは私だけだということ、翌日に使う時に必ずお湯につけ石けんを泡立てるので、そこで殺菌されるだろうということ。

このようにフェイスタオルを風呂に使っていると、薄手のものだと半年くらい、少し丈夫なものだと一年くらい持ちます。

手や顔を拭くためのフェイスタオルは頻繁に交換して使っています。

実は、以前はフェイスタオル1枚だけを風呂用と顔や手拭き用の両方に使っていました。風呂につかったタオルを次の日には乾いているので顔や手を拭くのに使っていました。この使い方だと年間に2枚だけしか使いません。しかし、その分タオルもゴワゴワに固くなり顔を拭くと顔が痛くなるので、これではダメだと顔や手拭き用のタオルを別に用意することにしたのです。

ここ数年は、風呂用タオル1枚、顔や手拭き用2枚が定着しています。

タオルは粗品で頂くことが多いので買ったことがありません。フェイスタオル以外使わないので、バスタオルやその他のタオルを頂いても全て人に譲っています。

頂き物がどんなに貴重なものだったり高価なものだったりしても、それらは結局自分の生活を複雑にしてしまうので、すぐに手放しています。

モノというのは、それが本当に必要な人に使ってもらうのが一番いいのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*