信心銘(十三)

スクリーンショット_2015_07_09_16_01

すべてのことが一つのこととして現れてくるならば、動かず落ち着き、状況という客観世界は無くなる。
客観世界のすべてを等しく観ることができるなら、本来の状態に回帰するだろう。
原因や理由というものは消え失せ、比べることもできない。
動を止めるにも動はなく、止を動かすにも止はない。

 

解説

自と他が本来の一体性と在るとき、そこには原因や結果というものがなくなり、あれとこれなどと比べるものもなくなります。
ただ起こることが起こっているだけであり、自分が体験していることがあるのではなく、自分が体験そのものになります。
すべては起こっているまま、在るがままなのです。

 

原文

一如體玄 兀爾忘緣 萬法齊觀 歸復自然
泯其所以 不可方比 止動無動 動止無止

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*