信心銘(十三)

スクリーンショット_2015_07_09_16_01

すべてのことが一つのこととして現れてくるならば、動かず落ち着き、状況という客観世界は無くなる。
客観世界のすべてを等しく観ることができるなら、本来の状態に回帰するだろう。
原因や理由というものは消え失せ、比べることもできない。
動を止めるにも動はなく、止を動かすにも止はない。

 

解説

自と他が本来の一体性と在るとき、自と他が一体となり、そこには自分と他人、自分を取り巻く状況などは無くなります。
客観世界というのは自分というものを作り上げた結果生み出されたものだからです。自分という考えを生み出すことで自分以外のものが生まれます。状況という客観世界も自分というものを生み出した結果なのです。
生み出す自分と世界が1つのものであるとわかると、そこには原因や結果というものがなくなり、あれとこれなどと比べるものもなくなります。
ただ全てが起こっているだけであり、自分が体験していることがあるのではなく、自分と体験の区別がなくなり、自分と体験が1つになります。
すべてはただ在るだけなのです。

 

原文

一如體玄 兀爾忘緣 萬法齊觀 歸復自然
泯其所以 不可方比 止動無動 動止無止

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*