スッタニパータ22・23

22.
牛飼いダニヤが言った、
「わたしの妻ゴーピは従順であり、欲望に心を震わせることがない。長い間ともに住んできたが、わたしの意に適っている。彼女にどんな悪のあるのをも聞いたことがない。神よ、もし雨を降らしたいと望むなら、降らせるがいい。」
23.
師は言った、
「わたしの心は従順であり、解脱している。長い間修養したので、よくととのえられている。わたしにはいかなる悪も存在しない。神よ、もし雨を降らしたいと望むなら、降らせるがいい。」

解説

何かが意に敵っていることで心の平安を得ていること、それは心の平安を自分以外のものに頼っているということです。あることを善と設定するとき、無意識に悪を設定しているのです。意にかなっていることを善とし、それを心の平安の拠り所にするのは、「自分の心には平安がない」と自分で宣言しているようなものです。その頼っているものが頼れなくなった時には自分の平安も崩れます。
自分の心の状態がある状況に依存していると、その状況が変化した時に心の平安が崩れるという設定をしています。あることが良いという設定をすると、同時にあることが悪いという設定をしています。している本人は気づいていないことが多いのですが、無意識のうちに(自分で設定した)悪いことを避けようという思いを心の奥底に持ちます。
善という設定も悪という設定もしなくなったときに、初めて真の心の平安が現れるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*