スッタニパータ 75

75.
人々は自分の利益のために交友関係を結び、また他人に奉仕する。今日、利益をめざさない友は得がたい。自分の利益だけを見ることは人々を不浄にする。ただ一人で歩むがよい、一角の犀のように。

解説

人は自分が不完全だと思うとき、自分を完全にしようとします。自分の中の空虚を埋めようとします。自分の心が創り上げた不完全性を、自分以外のもので自分を満たそうとしようとするのです。
ところが、それをしたとしても自分が完全になることはありません。常に自分以外のもので自分を満たそうとする経験が永遠と続きます。その経験は永遠に自分が不完全であるという確認をさせているだけなのです。
常に不安でいるので、その不安を解消しようとする行為に陥ります。
誰かの機嫌をとる、何か自分を安心させてくれるものに頼る、酒やタバコや常習的な行為に頼る、宗教や信仰に頼る、同じ不安を抱えている人間と共にいることで不安を忘れようとする、心を麻痺させる過剰な刺激を浴びる、名誉や地位を得ること内面の不安を覆い隠す、その他様々な方法で自分の不完全性を埋めようとします。

本当は、概念で創り上げられた自分という存在はは真の自分ではありません。それは作品にすぎません。描かれた絵なのです。ほんとうの自分は、その自分という存在を創り上げている意識・心そのものなのです。自分という絵を描いている意識・心が真の自分なのです。

創り上げられた世界にこだわらず、世界を創り上げている意識・心、それがほんとうのあなたです。
喜んだり悲しんだり、楽しんだり苦しんだり、そのような経験をしているあなた、それは創り上げられたものなのです。
それを創り上げているものに目を向けてください。

ほんとうのあなたは現れている結果ではありません。
それを創り上げている原因です。
全てを創造する原因なのです。

真のあなたは創造主・原因であり、創造物・結果ではありません。
結果に悩まされる必要はないのです。

ただ一人輝きなさい。そしてその輝きで世界を照らしなさい。

あなたが輝くと、全てが輝くでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください