呼吸を意識する

「一体、自分とは何か」と考えた時、人は一般的に自分の体を意識する。
そして、次に、自分の心を意識する。
しかし、ここでは、それからもっと進んで、自分の呼吸が自分だと意識してみよう。
呼吸こそが自分であると思うことが、より真実に近い。

正座やあぐらで、または椅子に座り、背筋をスッと伸ばし姿勢を安定させる。
それから、鼻から呼吸をする。
喉の奥で、子供が寝息の音を立てるように、スースーと音を出す。

それから呼吸だけに意識を向けてみよう。
何かが起こる。
新しい気付きが。

ありがとうございます。

☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください