感謝が進むと

感謝が進むと、自然と、思い、言葉、動作が美しくなってきます。一言一句、一挙手一投足が意識されたものになり、すべての動作が、愛がこもり美しく輝いたものになります。座る姿、立ち姿、手を伸ばす動作、人に触れるときなど、愛がその対象物に伝わります。椅子に座るなら椅子に愛が伝わり、コップを持つならコップに愛が伝わり、人の肩をポンと叩くときはその人に愛が伝わります。

最高の芸術もそのようなものだと感じます。

神々しい、という言葉で表されるようなことなのでしょうか。
すべての状況は鏡(カガミ)。そこから我(ガ)を取ると(神)カミになるように、自分が自分がという我を取り除いていくと、最後に神が現れるのでしょう。

身の回りの掃除、こころの掃除で我を無くすのが、自分の中の神を現わす唯一の方法なのでしょう。

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.