あるところに子供がいました

あるところに子供が

あるところに、小さな子供がいました。
子供はいつも喜び一杯で遊び回っていました。
子供には不思議なところがありました。
鳥や獣と話すことができたり、子供が笑うと周囲の花が一斉に咲いたり、あるいは、村人が子供の近くにいると、病気が癒され元気を取り戻したりするのです。
なぜそのようなことが起こるのか、誰も知りませんでした。

ある日、子供の父親がたずねました。
「どうしてお前のそばにいると元気が出るのだろうね。」
子供はこたえました。
「いつもカミさまと一緒だからだよ。でも、お父さん、カミさまは一体だれなの。」

父親にはこたえられるべくもなく、村で一番の知恵者である村長さんのところに子供を連れていき、聞ききました。
「うちの子の言うカミさまというのは一体何なのでしょうか。」
村長さんはたいへん困りました。大抵のことはこたえられるのに、このことばかりについては何も知りませんでした。

そこで村長さんは子供を近隣で一番大きな神社の神主さんのところに連れて行きました。
「神主さん、この子の言うカミさまというのは誰なのでしょう。」
神主さんは、ほとんどの神様については知っていましたが、この「カミさま」については知りませんでした。
神主さんは正直者だったので、正直に「私には分かりません。が、ここの神社の神様に聞いてみましょう。きっとこたえてくれるでしょう。」

神主さんは神社の神様に尋ねてみました。
「神様、この子とともにいるカミさまとは何のことでしょうか。」
すると神様は、「う〜ん、私にも分かりかねぬ。わたし自ら大神様に尋ねてみよう」と。

神様が大神様に尋ねにいっている間、皆じっと待っていました。子供はそのうちにじっとしているのに飽きて遊び始めました。
少し経つと、神様が帰ってきて神主さんにこたえました。
「大神様に尋ねたところ、大神様にも分からないとおっしゃる。そして大大神様にも、そのまた大大大神様にも聞いても分からないという。今この間もたずね続けて、神々の中でも最も大いなる神に尋ねているところだ。少し待つがよい」と。

突然、気ままに遊んでいた子供が父親に向かって言いました。

「今ね、カミさまが聞いてきたんだよ。

『ワタシの下の神、またその下の神々たちが、ワタシとは一体何かと聞いてきたのだが。一体ワタシとは何かね。どうしてお前はワタシを生み出したのかね』

って。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.