ダン・ギルバート No.01

→ オリジナル映像
→ トランスクリプト

[audio:http://akioiwai.com/wp-content/uploads/2015/11/DanGilbert-No1-20.mp3] [audio:http://akioiwai.com/wp-content/uploads/2015/11/DanGilbert-No.1.mp3] [audio:http://akioiwai.com/wp-content/uploads/2015/11/DanGilbert-No1-201.mp3]

No.1

When you have 21 minutes to speak, two million years seems like a really long time. But evolutionarily, two million years is nothing. And yet in two million years, the human brain has nearly tripled in mass, going from the one-and-a-quarter pound brain of our ancestor here, Habilis, to the almost three-pound meatloaf that everybody here has between their ears. What is it about a big brain that nature was so eager for every one of us to have one?
Well, it turns out when brains triple in size, they don’t just get three times bigger; they gain new structures. And one of the main reasons our brain got so big is because it got a new part, called the “frontal lobe.” Particularly, a part called the “pre-frontal cortex.” What does a pre-frontal cortex do for you that should justify the entire architectural overhaul of the human skull in the blink of evolutionary time?
It turns out the pre-frontal cortex does lots of things, but one of the most important things it does is an experience simulator. Pilots practice in flight simulators so that they don’t make real mistakes in planes. Human beings have this marvelous adaptation that they can actually have experiences in their heads before they try them out in real life. This is a trick that none of our ancestors could do, and that no other animal can do quite like we can. It’s a marvelous adaptation. It’s up there with opposable thumbs and standing upright and language as one of the things that got our species out of the trees and into the shopping mall.
(Laughter)
All of you have done this. Ben and Jerry’s doesn’t have liver-and-onion ice cream, and it’s not because they whipped some up, tried it and went, “Yuck.” It’s because, without leaving your armchair, you can simulate that flavor and say “yuck” before you make it.
Let’s see how your experience simulators are working. Let’s just run a quick diagnostic before I proceed with the rest of the talk. Here’s two different futures that I invite you to contemplate. You can try to simulate them and tell me which one you think you might prefer. One of them is winning the lottery. This is about 314 million dollars. And the other is becoming paraplegic.
(Laughter)

 

ボキャブラリー

evolutionarily: adv. 進化的に
and yet :それでも、しかし、それなのに
triple: vt. 三倍にする
mass: n. 質量
1.25 ポンド=約 567 グラム
ancestor: n. 先祖、祖先(↔︎descendant);始祖、原型
Habilis: n. (= Homo habilis)ホモ・ハビリス(解説)
meatloaf: n. ミートローフ(牛または豚肉に粉乳穀類の粉野菜ゼラチンなどを加えて調味し,型に入 れてオーブンで焼くか,蒸し上げた食品。)
be eager for A to do:しきりに A に…してほしいと思っている、熱望している
cf. be eager that 節…であるよう熱望している
turn out: 結局~であることが分かる、~という状態で終わる、結局[結果的に]~になる、~の 結果になる、(~ということに)なる、~ということが分かる[判明する]
structure: n. 構造, 仕組み, 構成; 組織, 機構
frontal lobe: 前頭葉(FL) (新皮質:前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉)(解説)
prefrontal cortex: 前頭前皮質(PFC)(解説)
overhaul: n. 総点検, 修理, オーバーホール; (制度の)改革.
blink: n. まばたき; まばたきほどの短い時間
cf. in [with] the blink of an eye 一瞬のうちに.
evolutionary: a. 形進化の、進化論による、進化的な、漸進的な
marvelous: a. 驚くべき、驚嘆すべき、奇跡的な、ありそうもない、不思議な
adaptation: n. 適合、適応、順応;〔生物進化の過程の〕適応、順応
try out: 試してみる、試用する、試しに使う
trick: 芸当、技、妙技、こつ、秘訣、うまいやり方
opposable thumb (ヒトやサルのように)ほかの指と向かい合わせにできる親指。
shopping mall:〔歩行者専用の〕ショッピングモール、商店街
Ben & Jerry’s: ベン&ジェリーズ。アメリカ合衆国のアイスクリームのブランド名の一つ。
whip A up [up A]: ⦅くだけて⦆A〈食事〉を手早く用意する;⦅主に非難して⦆A〈感情興味人な ど〉をかき立てる; A〈人〉をあおり立てて «…な状態に» する «into» ;〈風などが〉A〈ほこりし ぶきなど〉を舞い上げる
yuck: int.⦅くだけて⦆うわっ, おえっ, げっ (嫌悪・不快・拒絶を表す)
armchair: n. 肘掛け椅子
simulate: vt. シミュレーションする、模倣する
simulator: n. 疑似体験装置, シミュレータ〘飛行機の操縦訓練や遊戯用〙
diagnostic: n. 診断、診察;(コンピュータ、エラーの)診断プログラム
contemplate: vt. 熟考する、じっくり考える
win the lottery: 宝くじに当たる
paraplegic: n. a. 下半身付随(の)、対麻痺の(患者)

解説

Homo habilis:ホモ・ハビリスは、230 万年前から 140 万年前まで存在していたヒト属の一種。 “handy man”(器用な人)の意。中国語では「能人」という。
1964 年、タンザニアのオルドヴァイでルイス・リーキーによって発見された。現在分かっている 限り最も初期のヒト属である。容姿はヒト属の中では現生人類から最もかけ離れており、身長は 130cm と低く、不釣合いに長い腕を持っていた。ヒト科のアウストラロピテクスから枝分かれした と考えられている。脳容量は現生人類の半分ほどである。かつては初期型ホモ・エレクトスへと繋 がりがある現生人類の祖先と考えられていたが、2007 年ネイチャー誌上で両種がおよそ 50 万年以 上に渡って同時期に存在していたとする記事が掲載された。この発見を発表したグループはホモ・ ハビリスはホモ・エレクトスとは共通の祖先から枝分かれし、現生人類へと繋がる事無く絶滅した 種であるという見解を示している。
ホモ・ハビリスの復元像
220px-Homo_habilis

Frontal lobe 前頭葉:
前頭葉_-_Wikipedia前頭葉は、哺乳類の脳の一部である。大脳の葉のひとつ。前頭葉は両側の大脳半球の前部に存在し、 頭頂葉の前側、側頭葉の上前方に位置する。前頭葉と頭頂葉の間には一次運動野が存在する。一次 運動野は中心前回に関連付けられた特定の身体部位の随意運動を制御している。

prefrontal cortex(前頭前皮質): 
Ptsd-brain copy copy前頭前皮質(PFC)は、脳にある前頭葉の前側の領域で、一次運動野と前運動野の前に存在する。 prefrontal area、前頭連合野、前頭前野、前頭顆粒皮質とも呼ばれる。この脳領域は複雑な認知行 動の計画、人格の発現、適切な社会的行動の調節に関わっているとされている。この脳領域の基本 的な活動は、自身の内的ゴールに従って、考えや行動を編成することにあると考えられる。

300px-Evolution_du_cortex_prefrontal_ja様々な動物の脳。網掛け部分が前頭前皮質。左からネコ、イヌ、アカゲザル、ヒト。徐々に前頭前 皮質の占める面積が広くなっていく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください