私は誰か?(5)

5.
世界が(実在として)存在しているときでさえ真我が実現されるということはないのでしょうか?

ないだろう。

解説
この世界は想念だ。ゆえに想念が実在の世界として見えるとき、真我は隠れているだろう。
「見られるもの」である世界は、「見るもの」である真我がなければ存在できない。
それを見ているのは誰か?それを考えているのは誰か?を追求すれば、「見られる」世界が幻想であることに気づくだろう。
幻想の世界に気づけば、おのずと真我が現れるだろう。


原文
Will there not be realization of the Self even while the world is there (taken as real)?
There will not be.

ラマナ・マハルシの本の紹介
あるがままに―ラマナ・マハルシの教え
ラマナ・マハルシとの対話 第1巻
ラマナ・マハルシとの対話 第2巻
ラマナ・マハルシとの対話 第3巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください