feedlyでRSS購読

follow us in feedly

人気RSSリーダーであったGoogleリーダーのサービスが2013年7月で終了して、代わりにfeedlyに移行した人が多いようです。

RSSリーダーというのは、登録しておいたブログや記事の更新情報がまとめて一覧で読めるツールです。

更新された記事のサイトをひとつひとつ訪問しなくても良いので、使っている人も多いでしょう。まだRSSリーダーを使っていない人も、他のRSSリーダーを使っている人もぜひ feedly を使ってみてください。シンプルで使いやすいです。

ダウンロードや使用法などは「feedly」と検索してください。または、自分の使っているガジェットやブラウザ名などを付け足して検索するといいでしょう。

(例、「feedly 使い方」「feedly android」「feedly Mac」「feedly chrome」など)。

このサイトを登録するには、メニュー下のfeedlyの文字をクリックします。
または、画面上、feedlyのバナーをクリックします。

130826feedlytop

 

もう一度(ある在り方の物語)

PIG

ボクは、自分が生まれる前のことは全然覚えていなかった。
カミさまが教えてくれるまでは。

ボクが生まれたのは田舎の農家だった。6人兄弟だったので、生まれて数ヶ月で別の人のところに引き取られた。
引き取ってくれたオジチャンとオバチャンは、とても親切で、しっかりとボクを育ててくれた。
オバチャンはブラシをよくかけてくれた。最初は何されているかわからなかったんだけど、だんだん気持ちよくなってきて、ブラシを見ると眠たくなるようになってしまったくらい。
オジチャンは毎日体を洗ってくれた。ボクがきれい好きなことを知っていたのはオジチャンだけだったからね。
カミさま、あなたも知っていましたね。

時々、もうこれでもか、っていうくらいご飯を食べさせてもらった。まわりのみんなが過保護だって言うくらいにね。
オジチャンとオバチャンは、ボクがポッチャリしているのがいいって、いつもそう言っていたから、ボクはたくさん食べて寝て、時々走りまわって、それからまた食べて寝てってやっていたな。
二人が喜ぶ顔を見るのは、ボクの喜びでもあったな。
カミさま、あなたも喜んでたって言っていましたね。

オジチャンとオバチャンに引き取られて数年たったころ、ボクのうちに初めて見る人が来たんだ。オジチャンと話しているのを聞くと、引き取るとか引き取らないとか、いつ出るとか出ないとか、どうもボクの話をしているようだった。
その夜、オバチャンがボクの寝床に来て泣いていた。ボクは寝た振りをしていたけれど。オジチャンは、その日から無口になった。それまでたくさん話を聞かせてくれていたのに。
カミさまの話を聞いて、やっとその理由がわかったよ。

その日は突然やってきた。そろいの制服を着た三人の男の人が入ってきたんだ。ボクを車に乗せようとして、いやがったらボクの耳を引っ張って、お尻を押して。ボクは感情が麻痺しちゃったな。カミさまなんていない、って思ったよ。
カミさま、あなたも、「カミさまなんていないよ」って言っていましたね。

他の仲間と一緒に並んで、機械がある部屋で、意識がなくなったと思ったら、意識が体から離れてしまって、ボクはボクでなくなっちゃったな。
ボクの体は血を抜かれて、バラバラにされて、もとの形がなくなってしまった。
袋に入れられた体を見たときは、ボクは自分が生きていた意味なんてないって思ったんだ。
カミさまも、意味なんてないよって言っていましたね。

仕方ないから、ずっと自分の体の行方を追っていたけど、どこかのお店で、袋から出したボクの体を料理して、お皿にのせて出していたんだ。
そしたら、家族がそこにいてね、ボクのオジチャンとオバチャンに似た人たちだったかな。
その中の女の子がボクのことを食べながら言ったんだ、

「おいしいね、おいしいね」

って。

それを聞いたとき、ボクはパアッと広がったんだ、宇宙に溶け込んだみたいにね。
それで、一瞬にして思い出したんだ、自分が生まれる前のことも、生まれた理由も、すべての経験の理由も。

カミさまは、それはボクが「消化された」って言っていた。
違ったかな、「昇華」だったかな。
カミさまの言うことは難しいから、時々分からなくなっちゃう。

それでカミさまは「今回、この生き方を選んだね。すべて自分で選んでいたんだよ。どんな在り方でも選べるよ。次はどんな在り方を選ぶのか」って。

ボクは言ったんだ、

「カミさま、もう一度 豚がいい!」

 

その瞬間、ボクは光になった。

光

シンプリストのアイテム

 

エレクトロニクス

パソコン:APPLE MacBook Pro
(2013年3月から APPLE iMac 27インチ Quad Core i7を使用。)
ノートブックスタンド:Rain Design mStand RDMSTND  (→記事
キーボード:Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B
HDD+Time Machine:APPLE Time Capsule 2TB
スピーカー:Creative T12 Wireless   Bluetooth SP-T12W
スキャナ:富士通 ScanSnap S1300i (→記事
タップ:スイッチ付きタップ

アプリケーションソフト

文書作成:Scrivener
ノート: Evernote
メモ:Notational Velocity  (WriteRoomと連携。今は、これの親戚のnlALTを使用。が、たまにしか使わない。)
ランチャー:Alfred (実はSpotlightのほうが詳しくサーチできるがAlfredのほうが使いやすい)
マインドマップ:Scapple(やっとシンプルなマインドマップに出会えた)
ブラウザ:Google Chrome
FTPクライアント:Transmit
パスワード管理:1password(IDとパスワードの入力省略)
ホームページ作成:WORDPRESS
Macのクリーンナップ:CleanMyMac2 Amazonで購入→CleanMyMac 2 

デスク:木製シンプルデスク

文房具

ノート:MOLESKINE モレスキン 無地 13×21cm (→記事)
    MOLESKINE モレスキン 無地     9×14cm (→記事)
ボールペン:PARKER アーバン・プレミアム パールメタルCT  (→記事)
鉛筆:Palomino Blackwing602 (→記事)
第5のペン:PARKER アーバン プレミアム エボニーメタルCT 5th  (→記事)

 

生活用品

タオル:今治生まれの白いタオル (→記事)
寝る時のシャツ:Hanes クルーネックTシャツ 白無地(昔から寝間着はこれとパンツ)
電気ケトル:TIGER 電気ケトル 0.8Lホワイト
空気清浄機:SHARP プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機(プラズマクラスター付きのエアコンがあるのであまり使っていない)
蒸留水器:蒸留水器 メガホーム社製(やはりきれいな水がよい)
掃除機:Dyson カーボンファイバータービンヘッド DC36THCOM(まだ持っていないが次に購入するのはダイソンかシャープ)
掃除機:SHARP プラズマクラスター搭載ハイグレードタイプサイクロン掃除機
ハンディモップ:ウェーブハンディワイパー(部屋の掃除はほとんどこれと掃除機)
マグカップ:白のマグカップ(今はダイエーで購入したTOPVALUのもの)
香水:キャロライナ ヘレラ 212 メン オードトワレ 100ml

財布:PRADA メンズ 2つ折り財布
薄い財布 abrAsus(アブラサス) (→記事)

時計:オメガOMEGA デビル プレステージ  (シンプルでとてもいい)

フットウェア

トレーニングシューズ:Vibram FiveFingers KOMODO SPORT(退化した足を元に戻す)

あるがままに―ラマナ・マハルシの教え
ラマナ・マハルシとの対話 第1巻
ラマナ・マハルシとの対話 第2巻
ラマナ・マハルシとの対話 第3巻
老子
黒住宗忠に学ぶ生き方―神と人と世界と
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる
世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
いかにして高次の世界を認識するか
自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと

感謝
清明正直

 

 

ノートブックスタンド

mStand

シンプルライフの実践のためパソコンを全て処分し、新しくMacbook Pro1台にしたのですが、ひとつ問題が発生しました。

ノートパソコンなので視線がかなり下になり文字も小さいため、姿勢が前屈みになりがちで腰を痛める要因になるということです。

以前は、デスクではデスクトップ、外ではノートブックと使い分けていたので問題はありませんでした。再びデスクではデスクトップ,外ではノートブックにしようかと考えましたが、シンプリストとしてそうはいきません。解決策を探った結果、こういうものを見つけました。

ノートブックスタンド、Rain Design mStand RDMSTND
このようになりました。

ノートブックスタンドはいくつか販売されていますが、これが一番だと思います。

これでようやく、姿勢も崩れることなく作業ができ、目も疲れなくなりました。
もちろんデスクトップを購入する必要もなくなりました。

見た目もシンプルで、作りも丈夫で、デザインがMacbook Proにピッタリなのが良いです。
ノートブックをデスクトップのように使いたい人にはお勧めです。

 

清く正しく美しく

清く、正しく、美しく。

私が小学生の時、確か低学年のときだったと思います、教室の中にこの標語が書いてある半紙が貼ってありました。生徒たちがよく(冗談で)この言葉を口にしていたのを覚えています。しかしその後、全くと言っていいほどこの言葉は聞かなくなりました。

私自身は、これはとても良い言葉だと思います。自分の考えや行動が、「清いのか」、「正しいのか」、「美しいのか」をいつも自問自答し、それに沿うように生きていくのは世界にとっても良いことだと思います。

現代社会では主に、「どれだけ多く」、「どれだけ速く」、「どれだけ楽に」、「どれだけ便利に」等の基準で物事が評価されてきました。「どれだけ清く」、「どれだけ正しく」、「どれだけ美しく」という基準で物事を評価することはほとんどありません。ほぼ結果重視です。プロセスを無視した考え方が優勢です。

しかし、生きるということは「今ここでどんな在り方をしているのか」の連続です。プロセスを無視した結果というのは結局、その無視した行為が身に付くだけなのです。

既に多くの人が気付き始めています。どれだけできるか、どれだけ頭がいいか、どれだけ財産を持っているか、というように、どれだけ多く持っているかというのは全く意味がないことに気付き始めています。

これからの時代に問題になるのは、どれだけ自分が清らかな気持ちでいられるのか、どれだけ正しい思いでいられるのか、どれだけ美しく考えられるのか、なのではないでしょうか。

清く、正しく、美しく。

私の大好きな言葉です。

ありがとうございます。

すでに幸せ

幸せになるにはどうすればいいのか。

あらゆる時代に、あらゆる場所で、あらゆる人がこのことを探求してきました。
単純なものから非常に複雑な理論まで、あらゆる宗教や最新の科学まで、現在でも「幸せ」になるために生み出したあらゆる方法を目にします。

実は、幸せになることは不可能なのです。これまでの幸せになるための方法全てが間違っているのです。

なぜ?

それは「幸せ」とは「生きていること」だからなのです。今ここに在ることだからなのです。
もうすでに私たちは幸せなのです。

生きているだけで幸せ。
いいえ。生きていることが幸せなのです。

私たちは(この文章を読むことのできる生きた皆さんは)、十分幸せな魂だから、この地球上に肉体を持って生まれることができたのです。
私たちは、すでに幸せなのです。

問題は、そのあとなのです。
幸せならどうするか。。。

答えは自ずと出てきます。幸せな人間はどんな在り方をするか.幸せな人間はどんな行動をするか。
幸せであればどんなことをしても大丈夫です。

なぜって?
幸せだからです。
幸せな人間からは、幸せが生み出されるのです。
幸せから生まれるものは、幸せなものだけだからです。

私たちは、今ここに生きていることが、ほんとうに幸せなのです。
私たちがそれに気付くことで、世界が幸せなものに変わっていくでしょう。

ありがとうございます。

マザー・テレサの祈り

マザー・テレサは毎朝仕事を始める前にお祈りをしていたそうです。
おそらく次のようなものだったと感じます。

「神様、この体と心と魂を人々のためにお使いください。」

マザー・テレサは祈るとき、自分が何かをしたいとか、神に何かをして欲しいとか祈ったのではなく、自身が神と一体となって人のために働いていると感じ、それに感謝していたのではないでしょうか。自分は今ここで感謝の中にあるという宣言をしていたのではないでしょうか。
マザー・テレサは「今ここ感謝」を真に理解していた人であったと思います。

以前、私がお世話になったヨガの先生のグループがインドに行き、マザー・テレサが行っている仕事を手伝う機会がありました。数日間手伝ったらしいのですが、毎日の仕事は想像以上にキツいものらしく、その先生のグループの皆が半日でバテてしまい,毎日最後まで手伝いができたのはそのヨガの先生一人だけだったそうです(この先生は特別にエネルギッシュなひとです)。腰の曲がった老齢の女性が、これだけの仕事を毎日こなすのは、やはり自我が生み出す以上の力があったからだこそ可能だったと感じます。

人間は、心が清明になり行動が正直なものになってくると、そこには「私」とか「自分」とかという主語は無くなり、全てに対して調和した「私たち」という言葉が出てくるのです。その時のエネルギーは自分が持っている以上のものになり、周囲のエネルギーと調和し、人々の喜びや苦しみを自分のことのように感じ取り、世界で起こっていることを我がことのように経験するのです。

生きていることは、自分で生きているのではなく、生かされているということを理解し、生きていることへの『感謝』に至るのです。
これからの時代は、その「今ここ感謝」の時代です。新しい時代の在り方です。
マザー・テレサはその新しい時代の在り方を先取りしていた人でしょう。

「今ここ感謝」、それが普通になる時代です。
「今ここ感謝」は新しい時代の在り方です。

ありがとうございます。